目隠しについて

お家の外観を魅力的にし、外部からの視線を遮り

プライバシーを守る

光を通すアクリル状のもの、風を通すルーバータイプのものなどお家の外観に合わせて選ぶことができます。目隠しすることを重視しすぎて圧迫感でストレスを感じたら本末転倒です。日々の生活で圧迫感を感じない、風通しなども考慮が必要です。

組み合わせとしては、ブロック塀の上に施工するもの、直に施工するものがあります。

種類としては6種類

①パネルタイプ

こちらのタイプは、目隠しフェンスでありながら採光性も高いのが大きな特長です。本体パネル部分はカーポートやテラス屋根にも使われているポリカーボネートなので衝撃にも強く、安心してご利用いただけます。光を通すので完全な目隠しではありませんが、プライバシーを守りながら敷地内を少しでも明るくすることができるのは大きなメリットです。

②板塀タイプ

コチラのタイプはプライベート空間を確保しながら、開放的な雰囲気を味わうことが可能です。温かみのある木目調の色合いが優しさあふれる外観を演出できます。木材とは違い腐食しないでメンテナンスフリーです。板幅や、隙間までお好きなサイズで施工できます。

③アルミフェンスタイプ

完全に目隠しできるので、一般的によく使われているタイプです。高さを出すことも可能です。

④RC(コンクリート)タイプ

コンクリートの目隠しになります。確実にプライバシーを守ることができます。重厚感がありとてもスタイリッシュです。

圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせているため耐久性・耐震性・耐火性・遮音性に優れています。

⑤化粧ボードタイプ

リアルな表情が魅力的な、高耐候性のラッピングシートを貼ったアルミ製のパネルです。豊富なカラーバリエーションがあるうえに、表面と裏面の種類を変えることができ、建物や街並みを配慮した表面と、室内からの雰囲気に合わせる裏面が選べます。

⑥植栽

完全な目隠しではないですが、アイストップ効果として植栽も目隠しに有効です。圧迫感がなく、予算を押さえられます。また、緑を取り入れるので雰囲気も明るくなります

目隠しを使った施工例の一例です。

様々なシーンや用途、外観等に適した目隠しをご提案しております。