日々のブログ

宿根草と1年草~☆

こんにちはー(^^)v

カインズガーデンの松原です♪

いつもカインズガーデンのホームページを

見てくださりありがとうございます☆

 

今日も朝から雨でしたのでいざ!傘をさそうとしたら

いきなり傘が壊れるという事態に…

何で!?今っΣ(-д-)ガーン!!

お気に入りの傘…

長年使っていたのでちょっとツラかったです( ノД`)シクシク…

 

今日は宿根草(しゅっこんそう)と1年草の違いについてです☆

 

『宿根草』

夏や冬などに地面から出ている葉っぱや茎が枯れても、

気候が適した状態になれば芽を出し、またお花を咲かせてくれます。

球根もこの宿根草の部類に入りますよ☆

宿根草だから春に芽が出て…花を咲かせてくれる!と思いがちですが

霜柱や土の凍結などで枯れてしまう事も…

また、株の老化などの連鎖障害によって

毎年お花が咲くとは限りません!

生き物ですからね…仕方ないんです(;´Д`)

宿根草はクリスマスローズやチューリップがこれにあたりますよ♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◇宿根草の特徴◇

一度植え込んでおくことで数年間手数のかからないものが多い♪

増やす事も簡単ですよ☆

種以外に株分けや挿芽(茎、葉、根の部分)などからも

増やす事ができちゃいまーす。

1チューリップ

 

『1年草』

ワンシーズンで枯れちゃうものの事をいいます。

例えば…

春にタネをまき→夏秋に花を咲かせて…→そして枯れちゃうという感じですよ☆

また1年草に少し似ているもので春に種をまき、

夏~冬の間が育つ期間、翌年の春または夏にお花が咲くものを

2年草といいます。

翌年咲くかどうかはやはり生き物になってきますので

植物により異なります(^^)

 

1年草ではコスモスや向日葵などがこれにあたりますよ☆

コスモス

 

◇1年草の特徴◇

花付きもよく、育成スピードが早い事♪

日本のガーデニングにはこの1年草はむいているそうですよっ☆

 

向日葵

宿根草でこんな植え方が…♪

1つの鉢植えで植えっぱなしでOKなんですよ(^^)

春先から活躍してくれる『アネモネ』がメインの寄せ植えなんですが、

初夏になると花も葉も枯れ落ちて、休眠に入ってしまいます…

 

アネモネ

これは春先ぐらいなのでお花がまだ咲いてます♪

↓

しばらくして…選手交代!!

 

チョコレートコスモス

 

冬から春まで休眠していた『チョコレートコスモス』が目を覚まし、

初夏からは、チョコレートコスモスの寄せ植えとして活躍しますよ♪

調度のいいタイミングでお花が咲き印象もかわりますね。

水やりと肥料・枯葉の整理くらいで大丈夫で掘り起こしたりしなくていいから

嬉しい事に手入れもそれほどいりませんよ☆

 

 

同じ鉢植えの中でも咲くお花の種類や色によって

またお庭の表情が変わります♪♪

お手入れも手間なしなので宿根草での鉢植えに

チャレンジしやすいかと思いますよー☆

 

本日はここまでです!

最後まで読んでくださりありがとうございました(*^_^*)

 

タグ)香川 外構 高松 外構 エクステリア お庭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です