春のお花🌸

春のお花をご紹介していきますね(*’ω’*)

 

◎チューリップ◎

みなさん春のお花と言えばチューリップを思い浮かべる方も

多いのではないでしょうか?

チューリップの花言葉は『博愛』

開花時期は3月~5月です✨

栽培難易度:1🍃

 

チューリップは種もあるそうですが

はじめは球根から育ててみましょう!

球根を植える時期は10月~11月がおすすめです。

※球根は大きくずっしりしたものを選びましょう(*’ω’*)

 

5号の植木鉢(直径15㎝)だと球根は3つほど。土は培養土が一般的です(^^)

植えるコツは球根の茶色い皮が簡単にはがれそうなら

はがしておきましょう。

球根3個分の深さで、鉢植えなら球根1個分間を

あけて植えましょう。

球根の頭を上にして土をかぶせお水をあげます。

 

お花が元気なくなってきたなぁと思ったら早めに

切り取りましょう(^^)

お花のピークは6月くらいまでです。

 

葉っぱが枯れてきたら球根の掘り上げ時期です✨

球根を掘り上げたら表面の土を優しくキレイに

落としてあげてください。

球根に小さな球根が付いていれば1つ1つ切り離して

来年植え直しをしましょう(*’ω’*)

 

掘り上げた球根は目の粗いネットに入れて

雨が当たらない風通しの良い日陰で保存します。

 

ちょっと元気がなくなって切り取ったチューリップは

切り花としても楽しめますよ✨

 

 

 

◎アリッサム◎

アリッサムは小花を球状にさかせます。

花束のようにこんもりと咲く姿はとても可愛らしいです(*‘ω‘ *)

花言葉は『優美』

開花時期は3月~6月 9月~11月です✨

栽培難易度:1🍃

 

早春にポット苗が出るので20㎝間隔で植え付けします。

枝は横に伸び広がるので花壇の前列や

パンジーなどと寄せ植えをすれば白色が引き立て美しいです。

写真にもあるように白色のアリッサムがよく見かけられますが

ピンク・オレンジ・ムラサキなど様々な色がありますので

お庭の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう(^^♪

 

春に草姿が乱れ見苦しくなったら、草丈の1/3程度を切り戻すと

1か月後には再び開花します。5月以降はキレイな花は望めませんが

夏を越させたい場合は下部元を残して、バッサリ切り戻します。

 

もともとは、多年草なのですが、夏を越すことが難しいので

一年草と言われていました。最近では暑さに強い

スーパーアリッサムという品種ができたそうですよ✨

 

◎ネモフィラ◎

国営ひたち海浜公園で有名ですよね(*‘ω‘ *)

森の妖精のような澄んだブルーが愛らしいです✨

花言葉は『可憐』『どこでも成功』

開花時期は4月~5月です✨

栽培難易度:2🍃🍃

 

ネモフィラは強い草花なので植え付けが上手にいけば

地植えの場合は植えっぱなしで大丈夫です。

水はやりすぎに注意です。

枝が地表を這うように広がるので、鉢の縁に植え

枝先が垂れるように咲かせるのもおもしろいでしょう。

 

ネモフィラときくと写真にもあるように

ブルーを思い浮かべる方も多いと思いますが

『ネモフィラ・ペニーブラック』という品種は

全く違う雰囲気を見せてくれますよ☺

 

 

 

◎ガーベラ◎

ガーベラは大きな一重の花が特徴の多年草です。

花言葉は『希望』『常に前進』

開花時期は3~5月 9月~11月です✨

栽培難易度:2🍃🍃

 

花言葉がポジティブなのでお花屋さんではプレゼント用に

切り花や花束として販売されています(*’ω’*)

 

ガーベラは花壇でもプランターでもどこでも育てることが

できます✨

鉢植えなら5号(直径15㎝)に1株・幅60㎝のプランターなら

30㎝間隔で2株がいいでしょう。地植えも30㎝間隔で。

苗は3月~5月・9月~11月に植えるのが適期です(^^♪

 

ガーベラの植え替え時期ですが3~4月・9月~10月に

植え替えをしてくださいね。同じ鉢だと根詰まりを

おこしてしまいます😢

同じサイズか一回り大きな鉢に新しい土を入れて

株をうつしてくださいね(*‘ω‘ *)

 

 

◎カーネーション◎

母の日の定番のお花として有名ですよね!

花びらのフリフリが可愛いです(´艸`*)

花言葉は『無垢で深い愛』『真実の愛』

『永遠の幸福』『尊敬』

開花時期は3月~5月です✨

栽培難易度:3🍃🍃🍃

 

鉢植えなら3月~5月・9月~10月が適期になります。

地植えより管理が簡単です。

 

カーネーションの花が咲くまでと後の手入れで

翌年も花を咲かせるかどうか決まってきます!

咲き終わった花や茎をすぐ切りとります。

早く手入れすればするほど、養分を生長に回すことができます✨

一通り咲き終えたらすべての茎を1/2の高さまで

切り戻します。込み合っているところは風通しを

良くするために下部元から切っても大丈夫です(^^♪

 

カーネーションは挿し木も出来ます!

若い茎を10~15㎝ほど切り先端についている葉っぱを

取り除きます。茎の切り口を数日間みずにつけます。

挿し木世の土を用意して切り口がつぶれないように茎をさし

土を乾燥させ無しように受け皿に水をためておき

半日陰の場所で管理します(^^)

発根したら、鉢や庭に植え替えましょう(*‘ω‘ *)

 

 

お庭に花だんはどうです? のTOPに戻る