カーポート工事

カーポートの普及品で言えばカーブ(R状)の屋根が

基本的にお求め安いでしょう。

ただ、屋根形状が最近ではフラットな屋根が流行してきておりますが、

それは家自体のデザインがモダン化してきているからです。

カーブ(R状)の屋根はデザイン的にはフラット状の屋根よりも

デザイン性が高いのでコストも2割~3割高くなるイメージですので、

予算を十分にご検討しながら選定してください。

最近の屋根の標準設定はポリカーボネイトですので、

経年劣化で割れたりはしにくいです。安心して頂いて購入頂けますよ♪

中には2種類の屋根を選定できます。

 

①熱線遮断ポリカ(太陽光を反射します)で蓄熱を抑えます。

②熱線遮断防汚ポリカ、雨で汚れを流しかつ、蓄熱を抑えます。

そして、重要なのは「高さ」です。

標準は大体のメーカー以下の通りです。

①h2000㍉ この高さはセダン普通車・軽自動車しか入りません。雨の吹き降りは少し軽減

しますが、車を選ぶ高さですのでご注意ください。

②h2400㍉ ワゴン車や四駆車が入り、この高さでほぼ車を選ばず 駐車できます。

③h2800㍉ 四駆車でキャリーなでOD用品など乗せている場合はこの高さを選定します。

奥行きはメーカーによりますが、5000㍉・5700㍉と大体は2サイズ選定できます。

車の大きさによって変えますが、大体は5000㍉を標準として御提案しております。