日々のブログ

高松市太田下町外構工事途中

今日は下地工事ラッシュです。 高松市太田下町外構工事でも、

アプローチ・RC擁壁の下地コンクリート を打って養生期間を

置かせて頂いております。

ここでも、コンクリートデッキの上にセランガンバツ材での

ウッドデッキ が仕上がる予定です。

 

 

◎外構工事

L型になっているところに枕木(本物)によるアプローチ

が仕上がります。

向かって左側が高さ2mのRC擁壁が仕上がる為の下地です。

 

 

◎エクステリア工事

三角になって土を積んでいるところにコンクリートデッキ・

セランガンバツを使っての ウッドデッキが出来上がります。

来週台風が来る恐れがありますので、一旦これで週明け様

子を見てみます・・・。

 

外回りの工事は雨で中止、梅雨でほとんど工事は進まなく、

夏場付近は特に台風に 悩まされます・・・(泣)

でも気温が高いため、一度工事に掛かれば工事の乾き具合

も早いため進みも良くなります。

冬は雪で中止、雨こそ少ないですが、気温が低いため養生

(乾き待ち)期間が長くなり、 進みも遅くなります。

なので外構工事はその都度の天候の読み、各工程の切り上

げ具合が、かなり仕上がりに 影響してきます。

台風が来そうな時は無理に肯定を早めたりせず、様子を見

ながらやって いきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です