香川県高松市太田下町外構工事完了

先日完了した高松市太田下町外構工事をご紹介します。

今回の外構工事のご要望は、メインはやはり南面のRC壁擁壁です。

高さは道路からおよそ2100㍉、厚み150㍉コンパネの割りなどもお施主様

とのこだわりです。

もともとあった境界基礎の上に乗せての施工でしたので、既存基礎との接合

も重要ですし、鉄筋の入れ方も考え、擁壁の裏に控え壁を作り、耐震強度も

考えて施工しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西面には枕木の花壇を設置、これも正面部分は既存基礎に乗せる為、アンカー

ボルトを埋め込んで接合しております。

花壇内の雨水等枡は枕木の高さまで調整して底上げしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

東から見た施工写真です。

擁壁は西からおよそ5700㍉のところで家まで折り返し、門壁として

ご家族・お客様をお迎えします。

擁壁の足下には繰り抜きを入れ、彩風兼緑のチラ見せスポットとして

芝生や、ワイヤープランツなどが植えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アプローチは生コン洗い出しと枕木のアプローチを施工。

 

車を臨時で駐車することもある為、下地にコンクリートを敷き、なるべく

カタカタと動かないように敷きモルタルをサイドにも敷き詰めています♪

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

カーポート工事は三協アルミ製のカムフィNexR型 5130ロング柱

カラーはアーバングレーです。

耐風圧は38mです。跳ね上げは3000㍉ほどあるので、丘高や風が強く当たる

ところに関しては補助柱をお勧めしますが今回は、両サイド・後ろにも前にも

建物がある為3000㍉を施工。

場所によっては補助柱を御提案し、耐風圧42mでの現地設置という場合もあり

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表札はオンリーワンのフォレストヒルズきり文字タイプです。

コンクリートから浮き出てとてもアクセントになってもますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁から10㍉浮かして取り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、土間コンクリートをGLより270㍉底上げ、セランガンバツウッドデッキ

の施工です。

中庭として、今後ご家族の集いの場になっていくのが楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

ふきちゃん、きっちゃんがとってもかわいくておっちゃんは現場に行く度

癒されてましたぁ♪

「お庭のおっちゃん」今度会えったら覚えてくれてるかなぁ♪

20150915_133301