Blog

左官屋さんのコテ(新規外構・エクステリア工事着工)

まだまだ真夏並みの暑さですね!

高松市鶴市町の外構・エクステリア工事新規着工からです。

本日も宜しくお願い致します。

今回の内容は土間コンクリートを打った後、木材(ひのき・杉・セランガンバツ)

でテラス・デッキ・フェンスを工事していきます。

26日は防腐対策でキシラデコール塗装

28・29日から大工手間が入って行きます。

現在、セランガンバツでご検討の方、参考にしてみてください。

ちなみに24から26日は台風の影響を受けそうなので、都度状況

次第で工程は変わっていきます。

 

【高さ押さえ・隅出】

現状の水勾配を考えて墨出していきます。

【型枠・鉄筋】

鉄筋を引いて行った後、流し込みます。

鉄筋の下に通常スペーサーを入れて鉄筋浮かしますが、今回は、狭い場所で

人が踏みつけてしまうので、コンクリート流し込み時に持ち上げています。

【コンクリート流し込み】

一旦流し込みました。

 

【金コテ押さえ】

これから金コテ押さえです。

いつもコンクリート表面をテッカテカに仕上げて頂いてる左官屋さん、

実際、コテって見たことありますか?

かなり使い込んでいますが、かなーり磨いています。

手が切れんかな?くらい磨いてます。

道具を大事にしている職人さんだからこそ、きれいに仕上がるんですね♪

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です